読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いあそなすちゃん

良い方のあそなすちゃんです!

部屋の電球が切れた

引っ越してから初めて電球が切れた。
僕の部屋の電球は無駄に調光できて、しかも独立して5つの電球がある。部屋の四隅と中央に。そして今日、そのうちの電球がひとつ切れた。
切れたのは部屋の隅にあるやつで丁度その下に作業机があって作業中に手元が暗くなったぐらいで、いざとなれば人をダメにするクッションがあるベッドで作業ができるので生活にほぼ支障がない。残り4つの電球で部屋の明るさを担保できている。そもそも生活っていうほどこの部屋で生活ぽいことをしてないから電球が切れたぐらいで困ることはない。
電球の交換も考えたがなにぶん天井が高く、電球は天井に埋め込む方式なので、まず椅子がいる。残念なことに僕の部屋にはデスクチェアしかなくて、僕がその椅子に乗っても天井には届かないし、椅子にはコロがついているから椅子の上で立つのは危険だ。だから交換はしたくない。僕の身のために。
たとえ、このまま電球が切れ続けて部屋が真っ暗になったとしても、夜帰ってきて暗い部屋で寝て、起きて朝日で今日の準備をしてそのまま出る。みたいな生活はできなく無いと思っている。そしていつしか僕は自然に還り、電源とインターネットがあるところを定期的に彷徨い続けるがいつも同じ所で長時間だと店員に目をつけられるから、定期的に場所を転々と変え、店員がキレる直前を見計らって他の電源とインターネットを求めにさまよう遊牧民のような生活をはじめるのだろうか。面白いから遊牧ギークと名付けよう。

ってのを、自分のプロジェクトのRails3.1からRails3.2へのバージョンアップをせっせとしながら考えてた。眠いんだと思う。