読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いあそなすちゃん

良い方のあそなすちゃんです!

素振り

こんばんは。体は満身創痍ですが、元気です。

前回の記事を補足すると、
日々何かとつくりたいという欲求は湧き出てくると思います。
でも、そのつくりたいものをどうやったら実現できるかがわからないことも多々あると思います。
そういう時は焦らず、メモ帳にやりたいことを書き残して置くことです。それがあの写真の意味です。

僕が勝手に師匠だと思い込んでる人が「日頃から素振りをしろ」と言ってました。
素振りとは、アイデアを思いついてそれをデプロイするまでのことです。アイデアを思いついた瞬間にコードを書き始めて、デプロイして、誰もが使える状態にまですることを何度も素振りすることが重要といってました。思いつきからデプロイまでが1ストロークの素振りです。アイデアを思いついて、ものをつくりかけてデプロイまでいかなかったり、デプロイした後のことは見えるけど、その着火剤になるアイデアが思いつかないというのは素振りとは言いません。アイデアを思いつき、それを自分の力でコードに落としこみ、誰もが触れられるようにデプロイするのが1ストロークの素振りです。
その素振りを何度も繰り返すことで、いつか大きなヒットやホームランを放てるようになれるのだと教えられました。
素振りをしているときはつまらないし、あまり反応を得られないかもしれないけど、デプロイやコードを書くことは無駄にはならないです。

重要なのはデプロイをすることです。何がなんでもデプロイをすることです。どうせ最初は見る人なんかいませんし、多少のバグがあってもデプロイをすることです。バグがひどいならその機能を削りましょう。どうせあなたしか使う人はいないんですし。デプロイするまでに「この機能は絶対必要だけど、こっちはそんなに重要じゃない」とか「このバグを回避するために、ここは切り捨てる」などという判断がだんだんできるようになると思います。この判断は無駄にはなりません。デプロイをするということにおいて機能を捨てることはとてもいい事だと思います。また逆に「この機能を削ったら誰にも喜ばれない」とか「この機能があるからこそこのアイデアがあるのだ」というアイデアの価値軸が生まれてくると思います。僕はそういう判断や結論に魂があっていると感じます。

魂のあっているものをつくれてますか?僕は魂があっていないものはあまり好きじゃないです。自分がつくりたいと思うものを僕はつくりたいです。誰かの価値を求めるよりも僕自身が納得できるものをつくりつづけたいです。魂のあっているものをつくってますか?