読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いあそなすちゃん

良い方のあそなすちゃんです!

コミュニティについて

いざって時に機能しなかったり、しなくなったコミュニティ(ソサエティ)の存在価値、なさそうだし、何をするのにもコストが掛かりそう。僕が好きでいるコミュニティがそうなったら、ぶっ壊す。

まぁ、そういう気持ちをもって日々コミュニティを過ごすとよいと思う。僕は『人が沢山あつまる事に嬉しいと感じる人達』が多分苦手なんだと思う。ものすごく生産的じゃない。壮大なやりたいことがあって人が集まるのはとてもいい事だけど、人が沢山集まりすぎても害悪な感じしかしないし、壮大なことをやるにしてもその中心メンバーは総数から見て、とても小さくなきゃならない。
同じように『人が沢山集まる事に嬉しいと感じる人達』が集まるライブというイベントがあるけど、あれはひとつのアーティストや幾つかのアーティスの参加者全員が向いてるから好きだ。何も目指す形がないコミュニティはみんなが違う方向を向いているし、力も発散してるし、なにもできないんじゃないの。

まぁ、それにしても、なんか同郷ぽい人たちが集うのはいいじゃん?みたいなのかもいれないけど、結局、何千人とそのコミュニティに集まってもすべての人と知り合えるわけないじゃん。
結局そのコミュニティでさえ、何か話題を出しても、その話題を出した人の(外から見たら)内輪コミュニティ内でしか盛り上がらないし、そもそも、その巨大すぎるコミュニティでみんなが同じ方向を向いてないからそういうことになるわけで。

言いたいこと、難しいけど、何十何百の複数のコミュニティを無機質なDBのリレーション上でまとめて「どやぁ」ってやってもなにも機能しないんだってこと。