読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いあそなすちゃん

良い方のあそなすちゃんです!

朝の5時

とても昔のことなんだけども、多分10年とか15年ぐらい前、つまるところ僕が14歳とか9歳の頃のお話。
当時はよくわかってなかったのもあるけど、家庭の事情なのか僕が好きだからなのかわからないけど、結構祖父の家に遊びに行っていた。祖父の家は僕の実家から1時間ぐらいの場所にあって、大体四方を見渡すと山で、家のすぐ横には田んぼがあって、祖父の家から少し歩けば汽車が走っている、いわゆる田舎という場所で、僕は祖父の家にいくのが好きだった。

そこに遊びにいくときは、だいたい祖父が夕方から夜にかけて僕の実家になにかの用事、でも大抵が祖父の家でつくった鯛の煮付けやポテトサラダを持ってきたり、実家の立て付けの悪い場所を直したり犬小屋を作ってくれたりみたいなそういう用事があって来て、その帰りに祖父の車に乗って、遊びに行くという感じ、お泊りセットを持って。

夜の祖父の車の中では大体野球中継が流れていてそれを聞きながら祖父と一緒に過ごしていた。
特に何か記憶に残る話はした覚えはないけど、野球中継を聞いていた事と、祖父からGREEN GUMをもらっていたことをよく覚えている。

僕が知っている祖父が車を運転する時間というのは21時を過ぎたあとなので、眠気覚ましにガムを噛む習慣があったんだろうと思う。僕はその眠気覚ましのガムを一緒に噛んでいたわけ。
でも当時の僕は22時には寝るような超優良児だったので、21時で静かな車の中というのは寝るのに最適な環境で、祖父の車から流れてくる野球中継を聞きながらさっくり寝ていたりしていて、起きたらお腹のあたりにガムがおちていたりしていたのも覚えている。

で、なんでそんなことを思い出したかだけども、今日たまたま焼肉を食べて、その帰りに焼肉屋からGREEN GUMを貰った。焼肉が終わって家に帰る時点で3時を過ぎようという感じで歩いて帰るのも面倒な感じがしたのでタクシーに乗った。

そのタクシーが個人タクシーで、ひたすら今日(なのかはしらないけど)の野球のハイライトみたいなのを流していた。それが僕の中で祖父と夜に聞いていた野球中継の記憶とマッチしてすごい変な感じがした。そこに焼肉屋でもらったGREEN GUMも噛み始めたものだから、初めてタクシーの中で寝てしまった。

下手な催眠術よりもすごい体験をした。いい日だ。
あと、早く寝ようと思う。