読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いあそなすちゃん

良い方のあそなすちゃんです!

プロコンすげーいい

プロコンに行った人たちのブログが出揃ってきていて、それにスターしたりはてブしたりする出来事が僕の日常にやってきた。近年、ブログというか文章を書く学生が増えてきていてだいぶよい。どんどん文章かくといいと思う。自分の思ったこと感じたことやったことをどんどん小さなインターネットの海に流していこう。

その昔僕もプロコンとロボコンというものに参加した記憶がある。ロボコンは1年生の時に出た名もしれていない大会でいきなり優勝したりしたりしてすごい楽しかったし、プロコンでは人生ではじめてのプレゼンをやって大失敗して号泣したのと、当時の会場の茨城高専で「上下ジーパン男の人ですよね?」と聞かれてインターネットすげえって感じたことぐらいしか覚えてないな。

高専で青春を捨てたみたいに感じるのは、いうなれば少女漫画とか少年漫画の読みすぎだと感じていて、ああいう王道のような恋してスポーツして学校帰りにもんじゃ焼きを食べる(?)というのをしたいと思うのは正直創造性が足りていないんじゃないだろうか。王道の経験ができない高専だからこそ自分が青春だと感じることを高専を利用してやればいいと思う。

そういうわけでまぁ僕の青春はロボコンとプロコンと上下ジーパン男になるわけだけど、それを肯定するのも否定するのも自分であって他の誰でもない。自分がやってきたことを自分で批判批評して自虐に走るギャグは1年ぐらいは面白いかもしれないけど、身を切ってやらかしたギャグのあとに残るものは虚しさと寂しさなので1年ぐらい別のことで面白いことすればいいと思う。

プロコン、勝つことに目が血走るけど、ああいうのって、年をとっても一緒に楽しくものづくりをできる仲間探しだし、別に勝つことに躍起にならないでいいと思う。プロコンが終わってものづくりをしなくなるような人たちはプロコンに参加しないんじゃないかなぁ。プロコンに出たら単位がでるとか先生の機嫌をよくする為とかそういうものをつくりたいという欲求とは別の意欲を持つのはすこし違うんだろうなぁ。

プロコン、いうなれば合コンだし、ものづくりのいい仲間が見つかればそれはそれで大勝利なのでは。