読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いあそなすちゃん

良い方のあそなすちゃんです!

チームを良くする話

今いる会社でプロジェクトはいくつかあって、それぞれのチームにエンジニアが居るんだけど、僕のチームでは厳密にはエンジニア1人でやっている。

最近、ただ単にぼっちなのが寂しいのかこの半年で急激にエンジニアの数が増えてきてコミュニケーションの機会が減ったのか僕が昼すぎから出社するからなのか、理由はよくわからないけど、会社の日報に日々思ってることを長文にして投げたりとか、Wikiにポエム書いてたりしてたら、なんとなく他のチームにも伝搬していってて日報にポエムが溢れかえるようになった。お前ら女子か。

ポエムというのは言い過ぎかもだけど、日々思っていることをチームの中に共有するのはすごいいいものだなぁと感じる。日報、ありがちなのはその日にやったことを書いたりするけど、僕はあんまりそういうの気にして無くて、「君がいるチームのリポジトリでgit logすればわかることやん?」ってなる。いや、もちろんそういう日報もいいんだけど、日報のメインたるコンテンツは所感とかその日のナイスなプレーをした人のこととかを書いてあげるほうがコンテンツ感あって良い。

そういう意味では日報に求める機能として、全員に通知行くとか何かしらのリアクションが書けるとか、画像が展開できるとかそういう機能が備わっていると便利だと思う。Qiita:Team、いいですね。

あと、会社にグッジョブカードなる仕組みがあって、褒める文化を育むみたいなのがある。
テストの実行時間を1/4にしたりとか、開発に必要ないろんなガイドラインWikiにかいてたりとか、内線の設定とかしてたら、社内でかなりのカードを稼いでて富豪感ある。

チームを良くする話、なんか目標を達成したら上から飴が降ってくるとかそういう感じになりがちだけど、チームメンバーの中からいい感じになっていくほうが効果的だと思う。特に僕がテストの時間を1/4にしたら、その2日後とかには他の開発メンバーがテストのプロファイリングをして、さらに20%ぐらい早くなっててめっちゃおもしろかった。

チームワークというのはめっちゃ都合のいい言葉であんまり好かないんだけど、個人のスタンドプレーがどんどん他へ波及していく様はとても気持ちが良い。そして、その気持よかったことや、普段思っていることをどこかに書き溜める習慣はこれからもつくっていきたいですね。