読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いあそなすちゃん

良い方のあそなすちゃんです!

連休明け

再来週かと勘違いしていた連休が実は今週だということに先週の段階で気がついて慌てて休みを取ったり色々段取りしてたのが先週の話。

連休自体はよかったんだけど、3日ほど仕事しないでいるとキャッチアップだけで1日がまるっと潰れてなんもできない感じだった。

映画三本見た

ちなみにネタバレはない。

新宿バルト9でゴーストインザシェルを22時から見て24時からはハードコアヘンリーを見て渋谷まで歩いてきてオフィスのPCでNetflixパシフィック・リムをみた。ちょっと仮眠してこの記事を書いている。

GITSは「はーはーなるほど」という感じで見つつ、ハードコアヘンリーは「やばい!!!!!」ってなってて、パシフィック・リムは「はい、5億点」という感じのテンションで見ていた。

前2つは初見だったので色々考えながら見ていて、特にハードコアヘンリーは映像が面白すぎて何やっても新体験だし、YouTubeなんかでよく見る5分のパルクールを延々を2時間近く見せられる体験はマジですごかった。

GITS、まだ始まったばかりだし、席の都合で字幕を見てしまったので、吹き替えを来週にでもまた見に行くことになりそう。

www.instagram.com

文章で書くには大変むずかしい感想を得たので感想を言い合う会をやりたい。

株式会社はてなに入社しました

株式会社はてなに入社しました

株式会社はてなに入社しました - hitode909の日記

毎月イベント開催すると疲れる

昨日の高専DJ部でやっと一段落した。2ヶ月後には高専DJ部3周年イベントがあるけど、それはそれでやっていき。

ライブの撮影禁止とスマフォと

ポーターロビンソンとマデオンのライブに行ってきた。建物の入口付近では場内での撮影は禁止であることを張り紙でお知らせしていて、受付付近ではカバンの中身をチェックして録音機材やカメラなどの所持を問われるようなことがあり、ライブ会場での録音撮影はNG、みたいな体裁になっているんだけど、実際会場に入ってみれば多くの人、むしろ僕の目の前の長身の人なんかはスマフォで動画を撮影している。

そんでもって、僕の斜め左前の方には自撮り棒にGoProをつけて撮影してる人もいて、途中でこの人はスタッフに止められていた。でも、その注意されていた人の隣に居た人はスマフォでポーターとマデオンを録画しているのがなんとも奥ゆかしい感じがしていて、ぐにゃ〜となった。

GoProのようなプロ向け機材等で撮影した場合と所詮スマフォ程度のマイクと撮像素子で得られる映像と音声のクオリティなんて聞くに耐えられないんだし、無視してるんだろうな、とは思う。

色々思う(2000文字分ぐらい)ことはあるけど、こういう歪んでしまったルールを逆手にとったライブパフォーマンスとかがあれば楽しいのかもな、とは思う。

ソフトウェアに対しての敬意

ソフトウェアに対しての敬意を欠如しているのではないかという場面を多々見ることがあって、そのたびに怒りに近い、けど諦めや落胆のようなのグニャっとしたものがドッと押し寄せてもやもやした気分になり、ヤァヤァ我は斯く斯く然々と躍り出て叱るべきなのかどうなのか、という状態に陥る。

そもそものところ、敬意のない言動をしている人を外から見たときの畏怖はコンビニにたむろするヤンキーに似たミームを感じてしまい、一言申せばえもいわれぬ罵詈雑言が飛び火してきそうだ、と思ってしまい、今まで目をそらし聞き流して我関せず、と一貫してきた。

自分が得る情報は自分で制御しなければならない、という信念と、自分がソフトウェアの開発を生業にしているからこそのソフトウェアへの感謝やそれこそ敬意からくるソフトウェアを守らなければ、という正義感から反撃・反論したくなる。けど、ソフトウェアへの敬意が欠如している人に対して、お前はソフトウェアに対して敬意がない、もっと自分で問題の定義と解決する力を身に着けるべきだ、と言ってもその人の態度が変わるとは思ってはいなくて、ただ単に憤りたいのかもしれない。そこに水を指してもお互いにモヤモヤするだけだろう。つまり当人がそれを他人が見える場所でやっていても受け取る側がどう感じるかの話であり、これは僕の問題でもある。

ソフトウェアに問題があって憤っているのであれば即座にパッチを書けばよいことだけど、そうする様子もなく原因を探る様子もないのであれば自分の能力不足が原因で憤っている場合もあるのだけども結局どの場合においてもソフトウェアへの敬意の欠如がもたらす人への不信感は絶大で、相手にしたくない、という結論になる。だから、相手がどう思っているのかも、憤ってる理由も悪態をつく理由も知りたくもなく徒然と日常を過ごす。

ソフトウェアの開発を生業にしているからこそ僕はソフトウェアにたいして敬意を持っていたいし、ソフトウェアに問題があれば自力で解決できるようにすべきだと思うし、いつまでもそうありたい。そしてソフトウェアに悪態をつくなとは思わないけど、悪態をつくだけの人にはなりたくないな。そこで成長が止まってしまいそうだ。

Shiftを使い始めた

Shift

hmskさんが使っているのを見て試している。僕も古くはAirmailを使っていて、アカウントを複数運用するときには使っていたんだけど、Google Chromeのアカウントスイッチを知ってからは使わないようになっていた。

Google(Apps)のアカウントでサービスにログインするときよくアカウントを間違えることがあって、ログインする画面でアカウントを切り替えるのではなく、1つのGoogleアカウントを1つのGoogle Chromeのアカウントに紐付けるようにしていて、しばらくはそれで問題なかったんだけど、両方のアカウントでガッツリとメールとか予定管理をやっていると、常にGmailとかGoogle Calendarを2つの別ウインドウを開いてて、でも結局同時に使うことはなくて、無駄にタブを専有されていたという現状がある。ちなむとタブの数はなるべく増やしたくないという理由でidobata-electronを使っていたり、Twitterクライアントを使っているので、たくさんのメモリ消費量に耐えて貴重な横幅を確保しているという状況になっているのは余談。

根本的にはGoogleアカウントのログインとGoogleChromeのログインを分けることなく一緒くたにしてログインするときに、都度どのアカウントでログインするかを選べるようにすればいい、というのがシンプルなような気がする。しかしその場合だとGoogleのDeveloper Consoleは個人でも会社でも使っていたりするのででログインし間違えるというリスクが怖くてわけているんだけど、そうそう起きるだろうか?という疑問もあり、やはり今でもベストプラクティスみたいなのはわからないでいる。

hmsk.hatenablog.jp