読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いあそなすちゃん

良い方のあそなすちゃんです!

レッテル

僕は「ゆとり世代」と言われる人間だけど、そのレッテルを気にしたことはない。

というのも、ネットを始めたのが中学生ぐらいで、その時ぐらいから2ちゃんねるなどでは、自分がゆとり世代といわれる存在だと気がつかされていた。
高校に入ってからも、携帯電話(W11K)を手に入れてあれこれインターネットをしていたのだけども、まぁ、そこでもネット界隈では、僕らのことをゆとり世代と呼んでいた。
もちろんネットのなかのただのDBに詰まっている文字列を読んでいるだけなので、実際には目の前で言われているような感覚はなかった。

まぁ、その御蔭もあってか、3年ぐらい前に初めて「お前はゆとり世代だからな」と言われたのを思い出す、多分身内の誰かだったと思うんだけど、誰が言ったのかはもう覚えてない。けどまぁ、言われた瞬間はへらへらしながら「そっすね」と返した。
まぁ、今になって思えば、あれ、結構ひどい言葉だと思うし、身体障害者に向かって差別発言を繰り出すようなもんだと思う。

ある一定の社会や組織をひとつに纏めて「○○だから」というのはあまり気持ちよくないけど、個人的には、その発言によって個性を否定しているまでとは思わない。多分それは僕の感覚が麻痺しているからだと思うけど、まぁ、だから、なんというか。組織に属している人の個性って組織との従属関係はないから「どんぐりの背比べ」みたいな、出てる杭を打つみたいな、そういうイメージはわかないから、「ゆとり世代だから」というのは個性を否定している感じはなくて、ただたんにその人やその世代の人を見る目がないんだと思う。個性をみる以前の問題なのかな。

個性って結構曖昧だし、難しいんだけど、僕は、社会・組織をひとつに纏めて非難することは『個性の否定ではない』と思うけど、確実に『モチベーション』を下げる言葉だと思う。

『君はゆとり世代だからな』というの、多分僕だったらモチベーションが下がる。悪意を持って僕のモチベーションを下げたいときは積極的に僕に『君はゆとり世代だからな』といえばいいと思う。もちろん言えば言うだけ僕はその人が嫌いになるし、どんどん遠ざけて行くと思う。
結果的にそんなことをいう人が孤立していくようになるし、レッテルを貼ること、あまりいい印象ないし、めんどくさいことやどうでもいいことにたいしてひとくくりに、何かで形容するとおそらくひとくくりにされた人たちからは盛大に嫌われるようになると思う。


自分が何かを否定するとき、必ず自分も否定されることを覚悟が必要かもね。